PDCA回せる石の上で三年

PDCA回せる石の上で三年

グリーンズにジョインして3年4ヶ月経った。

 

新卒で勤めた会社は2年半で卒業したので、社会人歴の中でもグリーンズが長い訳だ。

 

そしてここ最近、自分にできる仕事が増えているのを感じる。3年前に見えていた風景とはまったく違う。

 

丸3年間、様々な試行錯誤により、組織やステークホルダーへの解像度は上がり、社会から求められていることも把握でき、人間関係も豊かになり、自分の知見やノウハウも充実してきたということなのだろう。

 

3年という数字で思い出すのは

 

「石の上にも三年」

 

という諺だ。良いこと言ってる気もするけど、現代においてはピンボケ感もある。

 

Google先生にその意味を聞いてみると

 

『冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。 がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。』

 

とのことだ。色々ツッコミどころが多い。

 

「3年間、石に座り続けた人間がいる」という事実も怪しいし「お尻の体温で石が暖まる」って可愛いし「座り続けた先の成功」って何やねん。

 

まぁ、それはおいといて「3年」という時間についてはなんとなくうなづけるのだが、「我慢強く辛抱すれば成功する」というのが納得いかない。

 

この表現からはなんとなく年功序列型社会の香りがするし、パワハラ先輩の気配を感じる。(穿ち過ぎ?)

 

現代において「辛い中でも我慢し続ける」という処方箋の効能はほとんどないだろう。

 

これだけ職についての選択の自由が許される時代においては「我慢する」ことよりも、自分のフィールドでチャレンジして「PDCAを回す」ことの方がよっぽど成功に繋がるのではなかろうか。

 

自分の頭で考えて、実行して、失敗して、たまには成功して、次のアクションに活かす。

 

この試行錯誤のループを回せる職場であり、ポジションであり、業界にいることが、大事だ。同じ3年でも成長の質が大きく異なる。

 

だから現代的には、ただただ鎮座できる石を探すのではなく、自分でPDCAを回せる石の上を探すべきだと思う。

 

(書き終わって思うのは、諺を引き合いにして書くブログはおっさん臭いね)

ご縁に感謝しない人は誤嚥しましょう

ご縁に感謝しない人は誤嚥しましょう

どうぶつの森が理解できない男子

どうぶつの森が理解できない男子