お家のでんきを変えた話

そう、「でんき」を変えたのです。

 

この秋に、家の契約電力会社を「東京電力」から「自然電力」に切り替えた。

 

最近はTVCMや車内広告も多く、知ってる人も増えてるかもしれないけど、「家庭の電気をどこから買うのか決められる」のだ。

 

ENEOSでんき、東急でんき、ソフトバンクでんき、などなど選択肢はたくさんある。

 

感覚的にいえば「スマホのキャリア/SIM選び」に似てるかもしれない。自分の好みの料金や契約内容を探して、切り替える。

 

一方で、スマホのキャリア乗り換えとの違いと言えば「質は均一」だということ。キャリアを乗り換えると通信速度などの「差」があるのだが、電力会社は乗り換えたからといって電力の供給量が落ちたりすることはない。

 

2016年に始まった電力小売り自由化のおかげで、通信キャリアやインターネットのように、日々使うインフラを個人が選べるようになったのだ。

 

新電力各社ともに「今よりもお得に」が売り文句だが、今回、僕が選んだ「自然電力」はまったく「お得」ではない。

 

契約時にデポジット5000円を取られるばかりか、月々の電気料金も500円くらい値上がる。

 

家庭の経済的メリットだけ考えれば、不合理極まりない。

 

しかし、自然電力は「みんなで自然エネルギー100%の世界をつくる」ことを目指した電力会社だ。日本の各地に太陽光、風力、小水力発電所をつくって、その想いを実現しようとしている。

 

すこしばかり電気料金が上がったとしても、そのチャレンジに参加したいと思って切り替えたのだ。

 

greenz.jpでも彼らを応援する連載が始まっている。

 

ぼくは「脱原発!原発反対!」と声高に叫ぶタイプの人間ではないが「無い方がいいに決まってる」と思ってる。

 

 同時代で「大きな事件」を体験した人間として、子どもたちの世代にそのリスクを引き継ぐ理由はどこにもないように思う。

 

そうは言っても、3.11以来、これと言ってエネルギーに関して個人的なアクションが出来ていなかったことも事実だ。

 

我が家の電気を変えたくらいでは大海の一滴だろうけど、棺桶に入る直前まで支払うだろう電気代を、少しはマシな社会をつくるために払いたいのだ。

 

「”買う"は消費ではなく、未来への投資」と誰かが言ってたけど、いい言葉だ。

 

そんなわけで「自然電力のでんき 」に関心を持った人はサイトを覗いてみてね。

 

 あと、付け足すとするなら電力会社の切り替え手続きは実は超簡単です。スマホのキャリア乗り換えよりも簡単です。わざわざキャリアに「お別れの電話」をしなくて良くて、手元に電気料金の明細があれば、切り替え先の電力会社へのオンライン手続きだけで完了します。スムーズにいけば10分くらい。無知な僕は、配電盤操作とか電柱からの引き込みとかしなきゃいけないもんだと思ってた。笑

数字で見るWebマガジン「greenz.jp」の寄付事業

「どんな働き方?」より「どう社会に働く?」